ブリックハウスイベント情報

結婚を希望される方のための出会いをサポートするサロン、ブリックハウスのイベント情報です。
<< ビジネスは伸びたけれど・・・ | main |
出産は尋常ならず

バリバリ、ガンガンビジネスに邁進していた私ですが、なんと妊娠してしまいました。

 

結婚しているのですから当然と言えば当然なのですが、

なにしろ夫は、子供同然に手がかかります。

言葉も十分ではないので、全て私が関わらないと、プライベートはともかくとしてもビジネスにおいては通用しませんから。

なので、会社の代表も私でしたし、中心となって人事も経理も交渉も全て私なのです。

結婚はしていても、これ以上子供なんて考えられませんでした。

 

でも、出来てしまい、それがあっけなく流れてしまったのです・・・

そうなると欲しくなるのが人情というものです。

次こそは、と思ってしまうんですね。

 

不妊治療が必要じゃないか、そんなのは嫌だ!というやりとりもありました。

取り敢えず私の検査をしてみようと始めた時に、妊娠となったのです。

 

ここからは、私の体力と健康の限界が試されるような日々でした。

妊娠したからと言って仕事が減ったり休みがもらえるような事は一切無く、働きづめでした。

しかも、高齢出産になるとの事で大きな病院に通い、帝王切開になると思いますよなどと言われ・・・

母親学級も真面目に出産時の練習をする気にもなれず、注意されたり・・・

医者は、その人の体力や健康状態ではなくデータで決めてしまうんですね。

 

つわりが少しあったくらいで、なんと出産当日まで荷造り出荷の仕事を続け、いよいよ出産となりました。

ありがたいことに、予定されていたより大幅に早く出産。

体力も使わず、安産でした。

実は、ずっとダンスをやっていたので腹式呼吸は得意だったんです。

 

しかし、退院してからが大変。

すぐ仕事開始、しかも子供が2月生まれだった為に保育園の申し込みも過ぎていて出来ず、子供おぶって仕事の毎日でした。

電話の最中、子供が泣きだして驚かれたり・・・個人商店の取引先が多かったので何とか同情されるくらいで終わってほっとしたものです。

 

二人目はもっと大変でした。

妊娠初期から体調が悪く、つわりもひどく、妊婦でも出来ますというマッサージ師に会社まで来てもらったり、検診中に会社から電話がかかってきて、社員と夫が喧嘩してますというような事もあり、おちおち検診も受けられないのか!と思ったものです。

しかし、一人目で状況が分かっていたので、二人目は助産院での出産にしました。

これは正解でした。

妊婦さんの身体の状態を見て、食事にも気を付けて自然に希望する出産に臨むといのは良かったです。

 

上の子の面倒を見ながら、体調の悪い中仕事をこなし、やっと出産にこぎ着けたというところでした。

今回も、前回同様、出産当日まで仕事をし、退院翌日から仕事でした。

しょうがないだろというのが夫の言い分でしたが、いまだに納得出来ません。

このころから無理がたたり、私の健康はドンドン蝕まれていくのです。

 

つい先日、ガンガンビジネスを展開している女性のセミナーを聞いたら、朝活のメンバーで毎週出席をしていました。

妊娠中ももちろん毎週参加、出産も朝活後病院で出産、翌週には退院して朝活に参加していたという話を聞いてビックリ!!

自分から好んでこんな無茶をする人がいるんですね〜

しかし、そういう人は彼女もそうですが尋常ではありません。

カウンセラーが必要です。

ピッタリのカウンセラーを紹介しますから連絡くださいね。

 

続く

 

| ブリックハウス管理者 | - | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE